ハナタロウの手仕事日和

娘のために作るベビー服と小物

続々・初心者でも作れたベビー服の本を紹介します!

 


↑こちらの生地の続きです。 

 

その④で作ったベビー服を着せていると、
『それかわいい!どこで売ってるの?』と声をかけられるようになりました。
これものすごくうれしいです…!
もともとは『既製品みたいな服が作りたいな』と思っていたのですが、
『手作りだったら普通には売っていないかわいい服が作れるんだ!』と思いました。

そんな時、Twitterで2歳くらいの子を結婚式に連れていくために
シャツを作る…という方を見かけました。
ベビー用のきちんとしたシャツ。なかなか見ないぞ。
これは作りたい。

と思って色々探し、次に買った本はこれです!
その⑤小さくてもきちんとした服―ニューヨークの子ども服6か月から3歳まで

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さくてもきちんとした服 ニューヨークの子ども服 [ 尾方裕司 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/7時点)

 

この本、ものすごくかわいい&かっこいい服が載っていて、
見ているだけで癒されます。最高です…。
シンプルな生地で作られた服が多く、柄による補正がありません。
肌着も真っ白だったり…。
とにかく『形』がかわいい・かっこいいんです。すごい。

6カ月から3歳まで、とありますが、
中身は赤ちゃん用と幼児用とで分かれていて、サイズ展開は少なめです。
でもサイズ展開が少ないので、型紙がごちゃごちゃしていなくて
とても写しやすいです。(ときどき線が多すぎて困惑する本もありますよね。。。)

また、“ニューヨークの子供服” だからか、サイズが表記が身長ではなく月齢です。
6カ月、12カ月、2~3歳 みたいな感じなので、サイズ悩みます。

そしてかなり難しめです。所有している本の中ではダントツです。
説明が少ないのもありますが、技能が必要な感じです。
四苦八苦しながらパフスリーブのワンピースやボンネットを作りました。
f:id:piyobu:20200207215327j:image
f:id:piyobu:20200207215332j:image
コートやパーカー、パンツ、鞄など色々なアイテムが載っています。
日本ではあまり見ないデザインも多いです。これがニューヨークか…。(?)
子供用のちゃんとしたシャツ…作ってみたい…。


ところで、娘の通う保育園は特にセパレート服指定はありませんでした。(唐突)
なので娘には1歳くらいまでロンパースを着せていました。

1歳を過ぎてようやくセパレートにしようと思い
プラスナップ付きのロンTを量産し始めたのですが、
親戚からもらった既製品の服に『首の後ろだけゴム』のがあって
スナップなしで楽!着せやすい!とまたまた作りたくなってしまいました。

そんなときに手芸店の本コーナーで出会ったのがこちら。
その⑥LaLa Dress 心踊るベビー服とこもの

 

首の後ろ側にゴムを入れる、ボタンなしの服が載っていました!
これです!求めていたのは!
大きな襟やフリルで個性的&かわいさ爆発の服が多いです。
どちらかというと女の子向きかなぁ。

ブルマはフリルやリボンがついていて、すごく可愛いし、 
ロンパースや肌着もかわいくて…
もっと早く出会いたかったーーーーー!!!
サイズが80cmまでしかないんです…。短すぎるよ…。
着せ替えのぬいぐるみも作りました。かわいいんです。
f:id:piyobu:20200207215358j:image

この本は作り方の説明も丁寧です。絵がたくさん載っています。
また、型紙が何色も使って色分けされていたり、
型紙を列・行で番地のように探せる工夫もあり(ほかに見たことない)、
おお!!と思いました。かなり探しやすいです。素晴らしい。

LaLaDressさんの本は今後も買っちゃうなぁ、きっと。

 

 

もうちょっと続きます…。